叙勲・褒章とは-叙勲額・褒章額のことなら叙勲額.jpにおまかせください。春秋叙勲、高齢者叙勲、叙位叙勲

 

叙勲・褒章とは


国家または公共に対して功労のある者を勲等に叙して勲章を授けることを叙勲、社会の各分野における優れた行いや業績のある者に褒賞の記章を授与すること(あるいはその記章)を褒章といいます。
生存者に対する叙勲・褒章は、原則として春(4月29日付)と秋(11月3日付)の年2回行われ、著しく危険性の高い業務に精励した者を対象とする危険業務従事者叙勲も同日付で授与されます。

その他にも日本の文化の発達に関して顕著な功績のあった者に授与される文化勲章や随時授与される高齢者叙勲、授与の対象となるべき者が死亡した場合に授与される叙位叙勲等があります。


叙勲について

叙勲は国や公共への功績を上げた人が、国家から勲章を授かる栄典[表彰制度]の一つです。
旭日章は顕著な功績を上げた人、瑞宝章は公共的業務に長年従事された人が対象となり、それぞれ大綬章・重光章・中綬章・小綬章・双光章・単光章の6段階に区分されています。
(写真はイメージです)
瑞宝章・旭日章

 

褒章について

褒章は特定の社会的分野における、事蹟や徳行のすぐれた方に与えられるものであります。
黄綬、藍綬、緑綬、紅綬、紫綬の五種類があり、綬色によってそれぞれ名称づけられています。

黄綬褒章はその道一筋に業務に精励し模範となる人、藍綬褒章は様々な分野で公衆の利益のために尽力した人、緑綬褒章は社会奉仕活動において顕著な実績のある人、紅綬褒章は人命の救助に尽力した人、紫綬褒章は学術・芸術・スポーツ等で顕著な業績を上げた人を、それぞれ対象として授与され、随時授与される褒章には公益のために私財を寄附した者を対象とする紺綬(こんじゅ)褒章があります。
(写真はイメージです)

褒章

ページトップへ